水沢なお より

21歳の詩人の日記

美大生のニューヨーク旅行記・二日目

f:id:mizusawanao:20171026134426j:plain

《二日目》

朝食

↓(地下鉄)

ザ・ノグチ・ミュージアム

↓(タクシー)

ノイエ・ギャラリー

↓(徒歩)

グッゲンハイム美術館

↓(徒歩)

メトロポリタン美術館

↓(徒歩と地下鉄)

スーパーで買い物

 

 美術館、どこもとても良かったのですが、この日は一日中、時差ぼけで体調が優れず、感受性が死んでいました。感受性って死ぬんだなって思った。あとは異国の雰囲気に緊張していたのもあって、なんとなく一日中ずんよりしていた。でもすごく楽しかったなぁ。

 まずはニューヨークの地下鉄に乗って、ノグチミュージアムへ。地下鉄は空気がどんよりとしていて、湿った臭気があって、しかも座席がペールブルーの軽いプラスチックみたいでびっくりした。SUICA的なカードも購入したのですが、それが反応しなかったりと、心臓に悪い出来事が頻繁に起きた。

 そしてノグチミュージアムからノイエ・ギャラリーへの移動ではじめてタクシーに乗りました。ノイエギャラリーに行きたい!ということが伝わらなくて、焦った。ニューヨークに来て初めて肝が冷えたのはこの瞬間かもしれない……。生きものとして恐怖でした。でも友人のおかげで無事、たどり着くことができてよかった……!あと、タクシーはいわゆるボッタクリをされることもあるそうだったのですが、今回は常識内の価格だったのでそれも嬉しかったなぁ。このタクシーの中で流れていた有線を、日本でもよく耳にする。(それか、同じアルバムか)

 そしてグッゲンハイム美術館メトロポリタン美術館と、なんとか時間内に全ての美術館を回りきることができたのですが、日程に余裕のある方は一つか二つ減らしたほうが良いと思います。でも、初日の勢いがないと、この日程で周りきれなかったかなと思うので良かったです!!ホテルに帰ってから、疲れすぎて身動きが取れなかった。

 

【朝食】

・連れて行っていただいた朝ごはんがとても美味しかった……!先生は「美味しいものは高い」と言っていました。でも後々、本当にそのとおりだなぁと思ったりもしました。あと、コーヒーはあまり飲まないのですが、カフェラテが本当に飲みやすくてびっくりした。サイズは本当に大きかったです。

 

【ザ・ノグチ・ミュージアム】

f:id:mizusawanao:20171026134605j:plain

・20世紀を代表する彫刻家、とも評されるイサム・ノグチの美術館。

 ノグチミュージアムは、日ざしや空気など、そういったものをとても大切にしている空間だと思った。イサム・ノグチの作品をここまで一挙に見たことはもちろん無かったので、改めてイサム・ノグチのことを知ることができました。

 

【ノイエ・ギャラリー】

クリムトエゴン・シーレ等、オーストリアやドイツの美術品のコレクションで有名。

 私はクリムトが大好きです。画集で齧りつくようにして見ていた作品ばかりが展示されていて、もう夢のようだった。ファンファーレ鳴ってました。実物を見る、という発想がないくらい、なんとなくもう一生見ることも無いんだろうなぁって勝手に思っていたから、作品を見た瞬間に、夢が叶ったんだって感じた。夢を叶えにNYに行くぞ!という気概なんてまったくなかったのに。シーレのコレクションも、色の濃い部分に吸い込まれてゆくような魅力がありました。グッズもたくさん買った~カレンダーとかトランプとかノートとか……。

 

グッゲンハイム美術館

f:id:mizusawanao:20171026134911j:plain

・かたつむりのようなぐるぐるで有名な美術館。

・作品鑑賞の邪魔をしている!と賛否両論あるみたい。私は小部屋が連続している感覚があって、好きでした。ぐるぐるしていない展示室もかなり広く存在していて、そこで行われていた「故事新编 Tales of Our Time」という企画展もとても良かった。

 

メトロポリタン美術館

f:id:mizusawanao:20171026191012j:plain

・とにかく広いです。あらゆるガイドにもとにかく広いと記載されていると思うのですが、それでも予想以上に広かった……でかいというか。作品数だけをすごく大雑把な感覚でいうと、美術館で行われている企画展×100みたいな感じでした。

・二階から巡ったほうがいいかな、と感じました。二階のヨーロッパセクションに、いわゆる名画と言われている作品が多く展示されています。(クリムトフェルメールルノワール、スーラ等)私は一階から巡ったので、二階にたどり着く頃には屍のようになっていました。教科書や図録等を何度も何度も見返し、夢想してきた作品たちを目の前にしても「ほんものだー」という感慨しかうまれなくて苦しかった。こんなはずでは……。でもすごい楽園でした。

 ・ボッティチェリ「受胎告知」は、奥まった展示室にひっそりと展示してあったので、見逃さないように注意してください。

美大生のニューヨーク旅行記・一日目

f:id:mizusawanao:20170531200905j:plain

 2月の下旬にゼミの研修旅行としてニューヨークへ行ってきたので、その旅行記です。殆ど自分用のメモですが……。自由の女神を見ることのないタイプの旅行記になっています。代わりに美術館を多めに巡っています。少しでも、何かの参考になれば幸いです!

 

《1日目》

成田空港

↓(12時間)

ニューアーク空港

↓(タクシー)

ホテル

タイムズスクエアまでお散歩

 

 当日は13時30分くらいに空港に着いて、そこから友人とご飯を食べ、両替をし、3時くらいに手続き開始、17時くらいには羽田を飛び立ちました。

 免税店では、アディクションのアイシャドウと、お父さんへのお土産を買いました。本当はグロスとかも欲しくて、空港内を疾走(?)したのですが、時間がなくて買えなかった……。これは少し悲しい思い出だったけれど、そのぶんNYで気に入るものがあればいいなぁと思いました。

 機内で「君の名は。」「蜜のあわれ」「にがくてあまい」を見たら、酔ってしまって本当に辛い12時間でした。なんだかんだで1時間くらいしか眠ることができなかったので、後々厳しかったです。機内食は、甘辛い唐揚げみたいなものとお米、サラダ、グリコのバニラアイスクリーム。夜食にキットカットハンバーガー等、思った以上にたくさんでてきました。食べきれませんでした。

 

 自分が日本以外の国にいるという実感がまるでないまま、ニューアーク空港へ着陸。飛行機の小さくて肉厚な窓から見える景色に本当にどきどきした。自分の知らない地球がくり抜かれているみたいだった。日ざしの色からもう異なっていると思った。コップに入った水の中に一滴ずつ黄色と橙を混ぜたような、乾いて、殺伐とした空気だった。濃い赤とか青とかのコンテナが山ほど積み上がっているのが空から見えて、後でタクシーのドライバーさんにそれは何なのかときいたら、海が近いからねと言われた。

 空港で諸々の手続きを終わらせ、タクシーでホテルへ。タクシーの車窓から見える景色が今でも印象的で、私の思っている地球とか、土地とかって本当に限られた部分だけを指してるんだなあと思った。自分が友人と会話していたり、電車でスマートフォンをいじっていたり、スーパーで買物をしている間にも、この地では、道路に寄り添うように薄い池があって、それが薄紫色の空を反射させて、背の高い葦が生えていて、広い道路をたくさんの車が走っていて、そういうことの不思議さ、私はそれを知らないし、知らないってことは無いってことだから、たとえば、自宅のベッドの中で、学校でしか会わない知人が学校以外の場所でどんな生活をしているのか全く予想がつかないことのかすかな悲しさとか、今何してるんだろうって遠くの場所を夢想することに、ちょっと似ているような気がして、でも私が知らないだけで、ずっとある、ということが妙に不思議だった。

 

 そして、5時か6時くらいに無事ホテル着。出発前はニューヨークっぽいもの食べよう!と意気込んでいたけれど、そんな気には毛頭なれず。寝不足と時差ぼけで苦しかったのですが、せっかくのニューヨークだし!と、かなり警戒しながらタイムズスクエアへ向かいました。でも、だれもタイムズスクエアがどこなのかわかっていなくて、おもしろかった。看板も大きくてものすごく明るくて、たくさんの人が居て、賑やかだったけれど、おもったよりも興奮しなかった。(疲れていたからだと思います!)

 最終的には、近くのコンビニ?でストロベリーレモネードとサンドウィッチを買いました。機内食がまだお腹の中に残っていて、何も食べたくなかったけれど、口に入れてみました。あまりの疲労に味覚が死んでいたのか、無感動のまま食べ終わりました。

 翌朝、生ぬるくなった薄赤色のレモネードを飲んだら、すごく生臭かった。後で冷やしてから飲んでみたけど、結局生臭かった。でもボトルの底にいちごの繊維が沈殿して、少し白っぽくなっていたのが怖くて、きれいだったな……。

 1日目は、到着が夕方だったので、明日に備えて寝ました。飛行機で1時間しか眠れなかったにも関わらず、まるで眠れなくて辛かった……。(これも時差ぼけの一部らしい)目を閉じて、意識が私の手元から徐々に離れていって、「あ、私眠りそう!」と直前で気がついて意識が覚醒してしまい、最初からやり直し。みたいなことを延々繰り返していました。後は、ニューヨークにいるって実感が無いね、とニューヨークにいながら友人と話した記憶があります。

 

つづく

4月

f:id:mizusawanao:20170406004953j:plain 

    4月になりましたね。私も4年生になりました。実感はまるでありません。まだ授業はじまってないからかな。

 先日、起きたらすごい日ざしが強くて、これは洗濯日和だなと思い洗濯機を回し始めたら、みるみるうちに曇り空になってきて、雨が降り出し、カミナリが落ちてきました。ショックでした。

 最近は、前から行きたいと思っていた展覧会もどんどんはじまってきて、わくわくしています。随分と先のことだな~と思っていたミュシャ展もはじまってしまって、嬉しいような悲しいような複雑な感じです。だからなのか(?)、ブリューゲルバベルの塔が1番楽しみかもしれないです。前売り券も買いました。いままで、グッズ付きの前売り券を買った経験はなかったのですが、キーホルダーがすごく可愛くてはじめて買ってしまいました。ふかふからしいです。

きょうの夢日記 9

f:id:mizusawanao:20170315025141j:plain

3/10 くらい

 
河で、二人の女性が、作業着姿で立っている。アメリカ。金色の髪をした女性と、茶色い髪の女性。河に流れてくる異物をすくい取るのが、二人の仕事だ。黒い長靴に、灰色のつなぎに、プールでよくみる先端にネットがついた棒を持っている。二人は会話をしながら仕事をしている。
 
河の上流では、全裸の男性の水死体が発見されていた。外傷はなく、眠っているようにもみえる。少し赤みのある茶色い毛が藻のように揺れている。死体は誰にも気づかれぬまま、下流へと押し流される。
 
流れるな、と私は祈っている。
なぜなら私は、その男性が金髪の彼女の夫だと知っているからだ。

河津桜まつり

 

f:id:mizusawanao:20170215013703j:plain

 この土日に静岡にふらっと帰ってきたので、伊豆まで車を走らせて、河津桜をみてきました。 毎年、すごい人なので行ったのは今回がはじめて。平日にもかかわらずすごい盛り上がりでした。町のみなさんも盛りあがっていた。私も町民だったら絶対うきうきしてしまうと思う。

 例年、満開になるのにもう少しかかるみたいですが、二月の中旬でもうほとんど満開でした。河津桜は花弁の色が濃いんですね。

 河津桜まつり、すごく楽しかったです。夏祭りから、治安の悪さ、暑さ、ベトベトした感じ、その他若干の居心地の悪さを取り除いて、ぽかぽかとした妙な浮かれた感じだけ残っていた気がする。(夏祭りへの偏見がすごい)(夏祭りもだいすきです)でも逆にいうと、夏祭りをエンジョイできる方には物足りないまつりかもしれないですね。わたしにはそれが心地いいです。

 干物とかわさびとか出店が沢山あって悩んだのですが、わたしは桜たいやきを食べました。美味しそう!と飛びついたのですが、よく考えてみると、すごく見た目が可愛いです。桜色の鯛。

河津桜まつりは、3月10日までやっているみたいです)