水沢なお より

21歳の詩人の日記

別府さんの指

f:id:mizusawanao:20170208041458j:plain TBSの火曜ドラマ「カルテット」に夢中です。

 おわりの方だけ見ていた逃げ恥の流れで予告を見ていて、キャストとか、雰囲気をかを掴んだ瞬間、もうある程度えぐられるってわかっていたんです。だから傷つくから見ない!とか言って、絶対みないでおこうと思っていたのにぼうっとしていたらつけっぱなしのテレビでどんどんとはじまってしまって、そしたらもう有無も言わさず夢中になってしまった。一話の段階で、このドラマいいなぁ、と思っていたのが、二話でもう、ずぶずぶに好きになってしまった。

 わたしは、モチーフを大事にしている作品が大好きで、「カルテット」もそうだと思う。同じく、モチーフを大事にしている作品として思い浮かぶのは、橋口亮輔監督作品。ぽん、ぽんと置かれてゆくモチーフのセンスのよさとか、それを拾い集めていく面白さとかを感じます。

 第二話は、なんというか、すごくおろおろした。素敵すぎて、こんなものが惜しげもなく流れてくることにすごく動揺しながら引き込まれていった。なんかねー、すごくわかるんですよ。(実際に自分の身には起こり得ないくせに、)別府さんのズルさも九條さんのズルさも非常によく分かるんです。そしてそれをズルいねって言い合うところがたぶんすごくいいんだと思います。あと個人的に、SPEEDの「WhiteLove」が大好きっていうのもあって、結婚式のシーンは人生の中で五本の指に入るくらい好きなシーンになってしまった。九條さん、別府さんと結婚したら幸せになれたかというとそうではなく……。別府さんがまきさんと出会うこと無く入社して九條さんと出会っていたらどうなっていたんでしょうね。九條さんにまた会いたい。

 第三話。わたしはすごく、すずめちゃんに憧れがある。姿形・中身に対して。わたしもピンクのワンピースに赤色を合わせたいし、髪の毛を無造作にお団子(なのかな)にしたいよ。真似したいってこういうことかぁと少し思った。正直なことをいうと、私は家族とか血縁とかに、神秘というか、特別な何か・根拠を感じてしまうのだけれど(それは、たとえば姉と私が同級生で同じクラスだとしてもおそらく仲良くなることはない。でも何故私と彼女が会話をするかといえば血がつながっているから、ただそれだけの理由でしかない・かもしれない)、家族だから◯◯しなければいけないという理由ですずめちゃんが何かをしたり、それが原因で更に辛い思いをしなくてよかった。

 第四話。二話でほぼほぼ傾いていた別府さんにぽちゃんと音を立てて落っこちた気がした。別府さん!!もともと、ヲタクとしての私は、こういう妄執的なキャラクターは好きで、比較的社会的に恵まれていて、何の困難もなく生きてきたような人が恋愛でつまづいたり、かなわない恋で自分が自分でいられなくなってゆくのは好きなんです。その人に恋になんか落ちなければ普通に幸せな生活が送れたはずなのにそれらを手放しかねない恋をしている人が好きなんです。でも逆にいうと、それはいわゆる”本当の愛”を知ったから起こりうる現象なんだけれど、別府さんのそれは果たして”本当の愛”なのかって話しですよね……私たちは本当の別府さんも本当のまきさんも知らないし、二人にとっての愛が何であるのかもわからない。(私は別府さんを、恋をしたからおかしくなってしまった、みたいに言っているけど、本当?とも思うし)でも、別府さんの最後の言葉は叫びにも似た愛の言葉で、別府さんがいままでこういった感情を知らなかったのかなと思うとみぞみぞします……。

 これからどうなっちゃうんだろう。なんか好きな作品ができると、みんな幸せになって欲しいよ~、とか、終りが来るのがいやだ、という思想に陥ってしまうのですが、この作品においてはそんなこともなく。ただとにかくどきどきしています、最終回、四人はどこまで行くのだろう。(すごい早口で言っていそうな文章でごめんなさい……)

きょうの夢日記 7

2/2

空デがファッションショーをやる、と知って、わたしはそれを見ようと思った。

会場は、わたしがかつて通学していた中学校のグラウンドだった。

そこには多くの観客がいて、よく見ると、大学の友人と、中学校の同級生が中学生の姿のまま、混ざり合ってショーが始まるのを待っていた。

ショーがはじまった。

グラウンドのリレーコースを一周するほどの長い横断幕が、ぴゃーっと入場してきた。横断幕は、いわゆるアースカラーというのか、薄緑や水色、肌色などの落ち着いた色合いで、女の人の顔や、波や、なんやらが色面構成的に描いてあった。それは、どうやらラフォーレ原宿グランバザールの宣伝美術の課題だったみたいで、ラフォーレのロゴとかが描いてあった。(あともっと続いていたけれど、覚えていない)

中学校の同級生の、とりわけヤンキー的だった人たちと、空デの人々は仲良しで、一緒に写真を撮っていたりした。わたしはちょっと素敵だと思っていた男の子と一緒にショーを見ていて、その人がわたしのことをきらいじゃないんだと思って、少し安心していた。わたしはそのヤンキー的な方々と同じ膜には入れないんだと思って、中学生の頃の、喉の奥が酸っぱくなるような感覚を、また思い出していた。

(空デの方々はフィクションだったけれど、中学校の同級生は実在の人物だった)

きょうの夢日記 6 と 日記

1/30

 

今日も夢を見ました。

家族の夢です、そして私はまた電車に乗っていた。(アメトークの鉄道芸人見たからだと思う)
観光地の、おみやげ屋さんに行って、試食をした、薄暗い店、広くて、空気が紺と紫が混ざったような色をしていた。
 
家族旅行っていうのは、家族が歳をとるごとに、なんだか重く深くやわらかくなっていく。私は昔よりも、両親のことを見ようとして見ている。二人のことを意識して、知ろうと、わかろうとしている。そんな当たり前のことを始めたのは、やはり親元を離れてからで、一人暮らしがだいじなんじゃなくて、親と別々に暮らすことがだいじなのかな。東京、もたぶん、そこまで、今回のことには関係はないとおもう。
でも、大学生になったら、東京へ行くのは当たり前のことだと思っていた。でも、地元に残っていたり、東京でない場所にある大学へ進学している同級生も数多くいる。母親は、大学生はみんな、東京に行きたいものだと思っていたらしくて、その教え(?)を受け継いだ私もそう思っていた。でも必ずしもそうではないんだなぁ、と置いてきぼりにされたような、すこし寂しい気持ちになっていた。私はもう、そういうものだと思った東京にきてしまったけど、そうではない選択肢もあったのかな。でも、日本で美術を学ぶのであれば、東京が一番恵まれていると思っているので、美術を選んだ時点で東京しかなかった。そして、東京に私をいさせてくれた両親に、ほんとうに感謝しています。改めて、恵まれているなと思いました。
 
今日はバーゲンに行って、洋服をたくさん買ってきました。すごい、人がたくさんいて、なんだかほんとうに疲れてしまって、つらつらと言葉がでてきます。

きょうの夢日記 5

f:id:mizusawanao:20170127175910j:plainf:id:mizusawanao:20170127180008j:plain

1/26

 
今日は、仲良しの女の子に恋人ができて、友達よりも恋人のほうが大事なんでしょ、恋人といくからわたしと遊んでくれないんでしょって、わかりやすく拗ねる夢でした。
 
というか、つい最近同じ女の子に同じように拗ねたことがあるので、現実の再演ってかんじでした。しかし現実よりもわたしの感情や口ぶりはやや演出過剰で、面と向かって言えないことを夢の中のわたしがどんどん言うので、逆に気分が重たくなった。目が覚めて、あぁついに夢にまで見てしまった、とへこんだ、やっぱり気にしてるんだなって感じた。

きょうの夢日記 4

1/23

 
だれかが蹴った石が、ふくらはぎにあたった。ひふの薄い、上層の部分が弾け、激痛が走った。グラウンドには保険医がいて、診てもらうことにする。石を蹴った男の子は、薄紫と黄色のトレーナーを着ている、たぶん、このあたりの人じゃない。水が出て来る前になんとかしなきゃね、と女の先生が言う。わたしは患部を見るのが怖くて、リレーコースのカーブをぼうっと見ている。そして手当てをしてもらいながら、だれかとおしゃべりしている。