読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水沢なお より

21歳の詩人の日記

フリースタイルダンジョン

f:id:mizusawanao:20160608163757j:plain

 

毎週の楽しみはいろいろあるけど、

月曜日にジャンプ+で「ファイアパンチ」読んで、水曜日に「フリースタイルダンジョン」が見れるというのが、もうかなりの充実度というかありがたい世界に生まれたなって感じです。

 

「フリースタイルダンジョン」はもう去年から大好きで、毎週欠かさず見ている。なんで好きなのかよくわからなかったけど、後々ヲタクたちの間でも流行ってることを知ってちょっと安心した。たしかに少年漫画というか、バトル漫画と一緒だもんね。因縁のライバルがいたり、ドラマがあってとにかく熱いところが!でもやっぱりリリック、言葉のぶつかり合いが楽しいんだろうなあと思った。

 

運がいいことに、たまたま深夜テレビをつけたら流れていたのがちょうど「般若VS焚巻」戦で、正直最初はなんだこれ!?と思って、紹介VTRとかで漢さんが下品な言葉とか使っているのを見てギョッとしたし、とにかく異世界というかついていけない、とか思ってたくせに気づかないうちにかなり引き込まれていた。

なにげに般若というラッパーがいることはしっていたんだけど、こんなラスボスになるほどの人物とは知らず、こんなに持ち上げられて大丈夫なのかなとか謎の不安があったのに、般若さんの1バース目をきいて、もう迫力でくらくらした、漫画によくある、オーラがびしびし身体にあたってる感じがした。オーラだけで怪我するやつ。強すぎてびびった。

あとあと、最初からクライマックスだったのか、と知って、でも審査員たちがボロボロ泣いてる姿とかを見てなにこれ!?と思いつつ、強い興味を持ったのも事実で、あとからYoutubeで配信されて動画を一気に見て、あぁそりゃ泣くわ、とか思っていたりした。

なんというか、一生関わることもなければ興味もないし、どちらかといえば畏怖とちょっとした偏見があった世界だからこそその世界を知って衝撃をうけたというか、だからこそおもしろくて取り込まれちゃって、まあ良い物は良いってことですよね。何がいいたいんだろう。ちょっと偏見持ってる人ほど見て~って感じです。

 

「高校生ラップ選手権」もあらかた見たし、音源もきいちゃうし、六月号のユリイカは「日本語ラップ」特集だし、もう読むしか無い。