読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水沢なお より

21歳の詩人の日記

兄になるかもしれなかった

思うこと

f:id:mizusawanao:20160616010614j:plain

 

前回の経験を活かして

不用意に仲良くならないように決めていたけど

二年ほどたって油断したころに終わりが来た。

終わりが来たというより、私を含まない二人の間に終わりが来たんだ。

 

前回の経験っていうのは、

やっと仲良くなった、という瞬間にその人ともう二度と会うことが無いと知らぬ間に決定していたってことで、これが結構ダメージでかかった。

そもそも、人付き合いとかがあまり得意ではなくて、大体の人がそうだと思うけど、特に新しい人間関係を構築していくのにかなり労力をつかうって部分もある。

だからせっかく造ったのに必要ないんかい、みたいな身勝手な憤りもあった。これから長い付き合いになるんだろうし丁寧に造ったのに一瞬で粗大ゴミか……みたいな。

でもやっぱり、自分の判断じゃないところでもう二度と会わなくなるっていうのが

勝手ってわけじゃないけど、かなり虚しくなる。

 

 

ほんとひどいけど、この人もどうせすぐいなくなるんだから仲良くなる必要なんて無いな、とか最初の方は本気で思っていた。

だから今は反省しているけど、わりと態度悪かったと思う。それなのにこんなに優しくしてくれて仲良くしてくれて、本当いい人だった。

 

なんて呼べばいいんだろうね。元、という言葉を使わないで、現、何なんだろう。

前回はせっかく、とかつけちゃうくらい勝手に妹として頑張ってたけど、今回は気がついたら仲良くなってたから、虚しさはあんまりない。腹立たしさとかもない。

ただ悲しいというか、

だからといって二人で会うとかそういうわけでもないし、なんなんだろうね。

どこか遠くの出来事というか、まだ信じられないというか、

きっと一ヶ月くらい経ったころにもう一度、ひどく悲しくなるんだと思う。

そんで数年後、久々にやったゲームの中にその人の名前のデータを見つけて、なんか笑ってしまうくらい、どうしようもない気持ちになるんだと思う。

 

相手の方は、私の名前を見てどう思うんだろうね。

憐れんでくれるだろうか。

私は相手のソフトに残ってる自分のデータを応援したくなる、なぜか、がんばってね、みたいな。