水沢なお より

22歳の詩人の日記

美大生のニューヨーク旅行記・四日目

f:id:mizusawanao:20180218211447j:plain

《四日目》

カフェで朝食

↓(地下鉄)

ホイットニー美術館

↓(徒歩)

チェルシーマーケット

↓(徒歩と地下鉄)

ストランド

↓(地下鉄)

ブロードウェイミュージカル(キンキーブーツ)

↓(地下鉄)

夕飯

 

  ついに、最終日!

 まずはカフェで朝食。ギリシャ風オムレツを食べました。オムレツの中に、ほうれん草とベーコンとトマトが混ぜ込んであるやつ。すっごく美味しかった!

 

 そしてホイットニー美術館へ。ホイットニー美術館はダウンタウンにあるチェルシー/ミートパッキングエリアにあります。ホイットニー美術館の最寄り駅で降りたのですが、地上に出た途端オシャレな風が吹いていました。陳腐な表現だけど、もうそうとしか言いようがない。赤いレンガとコンクリート、やや古めかしいロゴタイプの看板。雑貨屋でニューヨークを感じさせる小物が売っていても、へぇとしか思っていなかったのですが、それらが体言したかったのであろうニューヨークがここにはありました。でもやはりどこか殺伐としていました。ビーコンとは異なり、少々のヤンキー感が漂っていた。

 そこから少し迷子になりつつも、ホイットニー美術館へ到着!

 ホイットニー美術館には近現代のアメリカンアートがおおく収蔵されています。ちょうど企画展が準備中であまり展示数は多くなかったけれど、好きだ!と思った作品が多かったです。一番居心地が良かったかもしれない……(単純に時差ぼけもなくなってきて、元気だったからかな) あとクロークのお姉さんがものすごく優しかった。もうそれだけで泣きそうになってくる。

 美術にあまり関心がない方でも、ふらっと立ち寄ると気持ちのいい時間が過ごせるんじゃないかなと思った。2015年に新築された建物なので、内装もすごくきれいです。

f:id:mizusawanao:20180218205427j:plain

 そして、ホイットニー美術館の特徴としては、ルーフトップがあるということ。屋上から、チェルシーの街並みを一望することができます。それだけではなく、彫刻作品や、屋外型の展示作品も見ることができました。同じフロアに行けるかな?とおもったけれど、たどり着くことはできなかった。

 お土産にトートバッグを買って、ホイットニー美術館を後にします。

 

 次は、観光地として有名なチェルシーマーケットへ!

f:id:mizusawanao:20180218211336j:plain

 チェルシーマーケットでは、気になっていた「ansoropologie」という雑貨屋さんに行きました。どうしてもお皿が欲しくなって買ってしまい、手荷物でもって帰りました。今でも、なんだか緊張してしまって使っていない。飾ってもいない。せめて飾ろう。

 他には、お土産にキャンドルとリップバームなどを買いました。しかし、アメリカ以外の国に行ったことがないので比べようもないのですが、アメリカの梱包はすごく簡素ですね。日本が厳重なのかな? 化粧品とかでも、ビニールで梱包されていることはまず無かった。(誰でも簡単に商品を開け放題。日本におけるテスターと同じ状態)最初は少しびっくりしたけれど、慣れたらそっちのほうが買う方も楽かもなぁ、なんて思ったりもしました。その他、チェルシーマーケットで様々なお土産を購入。定番のブラウニーも買いました!

 

 そしてストランドへ。ストランドは日本でいうビレバンみたいな感じでしょうか……。本も雑貨もたくさんあって、天国だった。爆買いしました。特殊装丁の本や、欲しかった画家の画集などを購入。雑貨の中では、ヴィーナスの誕生の靴下がお気に入りです。これもまだ履いていないです。再びトートバッグも買いました。全面に漢字で「本」と書いてあります!これもまだ使っていない。おみやげとか、勿体なくてなかなか使えない性質です。そっちのほうが勿体ないよ!とよく言われます。

 

 そして、最後にブロードウェイ・ミュージカル「キンキーブーツ」を観劇!

 しかし気がついたら、荷物がかなり重たくなっていて、HPがかなり削られました。余裕のある日程だったはずなのに、劇場にたどり着く頃にはヘトヘトだった。本当に本当に楽しみにしていたんですが、やはり言葉を完全に理解することができず、置いて行かれました。寝ました。これは四日間の疲労が蓄積されていたからもあるのですが……。本当にすみません……。切ない思い出。周囲の観客がアハハ!と笑っているのに、なにがおもしろいのか理解できない瞬間がキツかった。でも、憧れだったブロードウェイ・ミュージカルはやはりギラギラしていて、歌もダンスも舞台美術もすべて素晴らしかった。

 

 以上で、観光はおしまい。スーパーで大量にスープとかケーキとかを買ったけれど、食べきれなかった〜やはりスーパーで売っているお惣菜は、そこまで美味しくなかったです。でも見た目はとっても美味しそうというか……トマトのリゾットときいて想像したそのままの味が来てくれたら最高なのに、そうはいかないというか。小さじ一杯ぶんくらい不味い。

 すごくへとへとだったけど、闇雲に楽しかったな~!もう帰りたくなくて辛かった。

 

 次の日の早朝、空港へ。

 空港では免税店を少し見たり、様々なことを話したり、すごく楽しかった記憶がある。この世界には、時間から切り離された空間が確かに存在していて、そしてその内側に自分たちがいるんだと確信していた。

 機内でぐっすり眠れたので楽だった。あまり記憶がない。夕食も何食べたかな。往路がものすごく辛かった分、ほんとうに一瞬に感じた。

 無事に日本に帰ってこれてよかったね~的な和やかな車内でしたが、その電車で、車内にクレジットカード付きの定期券を落として、終点まで取りに行くことになった。これはすごく私らしい出来事だと思いました。

 

《まとめ》

 本当に、まわりのみんなに助けられた旅でした。一人だったらどこにも行けていなかったかもしれないと思うくらいに……。みんなと行くことができて、本当に楽しくて嬉しかったです。本当にありがとう!

 改めて、たくさんの美術館、たくさんの美術作品に触れることができ、とても充実した日々でした。何故美術が好きなのか、惹きつけられるのか、あこがれなのか。もうずっと昔から美術が好きだったから、答えるのが難しいような気もする。美術と自分との関係も、ずっと同じというわけではなく、年々変化してゆくのを感じています。

 小学校の頃、私はMOMAメトロポリタン美術館も知らない少女だったけれど、その時の自分に自慢できる日々を過ごすことができたんじゃないかと思いました。もっともっと、たくさんの場所に足を運んで、たくさんの美しいものと出会いたいなぁ。本当に私はこの世の全てが知りたい。

ずいぶん長い時間がかかってしまいましたが、ニューヨーク旅行記は以上になります。ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました!